色彩について学ぶ|スタイリストになるならネイリスト検定を受けてみよう

色彩について学ぶ

服を選ぶ女性

スタイリスト学科がある専門学校では、学年で授業内容が違います。1年次には、服飾を造形します。つまり、洋服を生地から作っていく作業です。また、洋服を作るだけではなく、ヘアメイクの仕方なども学んでいきます。2年時になると、選択系の授業になります。つまり、1つだったクラスは自分が選択したコースに分かれ、より専門的な分野を学んでいきます。授業内容はそれぞれの専門学校によって異なりますが、自分が最も学びたいと思っているものを学ぶようにしましょう。校風はもちろん、輩出しているスタイリストを見ることで、どのような学校か大まかに分かる場合もあります。知人や身内にその専門学校の卒業生がいれば、直接聞いてみるのもよいでしょう。

スタイリストになるには、専門学校で学ぶ以外にも、いくつか資格が必要になります。その1つがカラーコーディネートです。この資格では、色彩に関しての知識を身に付けることが出来ます。また、他にもスタイリストに必要な資格があります。それが、パーソナルカラー検定です。クライアントに似合う色をたくさんある色の中から選び、アドバイスを送ることが出来ます。またファッションビジネス能力検定と呼ばれる検定も必要です。この検定では、ファッション企画や生産などファッション業界に関わる知識を身に付けることができます。そのため、スタイリスト学科で学んでいるうちは、資格も勉強するようにしましょう。そうすることで、ファッション業界に関する資格をたくさん取得することが出来ます。