主な講義内容

ネイルチップ

服飾系やネイル系の専門学校やスタイリストスクールでは、毎日たくさんの生徒がスタイリストになるための勉強を頑張っています。また、プロになるための必要な知識をテストするネイリスト検定というものも頻繁に行なわれています。どちらもネイリストやスタイリストになるための講座を行なっており、多くの卒業生がプロのスタイリストとしてあらゆる場所で活躍しています。専門学校では、様々なことを学びます。ファッション業界の仕組みやネイシルト、ファッション資格関連のことなど、基礎知識から専門性の高いことまで幅広く学ぶことができます。そしてネイリスト検定もそのための必要なチェックになるでしょう。ファッション業界の仕組みを勉強する際は、マーケティングから企画、生産など、「ビジネス」という面からファッション業界を勉強していきます。またネイリストもスタイリストを目指す人にとって密に関わってくる部分です。ファッション資格関連のことは、本やウェブ上でもある程度学ぶことができますが、さらに細かい部分まで把握することができる上に、学校側で資格取得に必要なことを大きくサポートしてくれるので、資格取得までスムーズに運ぶことができるでしょう。学校では他にも様々なことを勉強していきます。ネイリストやスタイリストとして働くために、これらを一から覚えていきましょう。

ネイリストやスタイリストはコンピューターとは無縁の職業と考えている人もいますが、現在ほとんどのスタイリストが仕事でパソコンを使用しています。専門学校では講義の際に使用することもありますが、プロのネイリストやスタイリストとなってからも洋服のデザインをチェックしたり、画像の加工を行なったりする時などに使用します。パソコンでは、主に「Illustrator」や「Photoshop」といったソフトを使います。これらのソフトは専門学校での講義でも頻繁に使用するので、学校に在籍している時にある程度慣れておいたほうがよいかもしれません。

ファッションを学べる

洋服

スタイリストになりたいと思ったら、専門的な学問を学べる専門学校をさがしましょう。そうすることで、自分の目的に合った学科を見つけることが出来ます。そして自分が探した専門学校のオープンキャンパスに参加しましょう。

もっと読む

色彩について学ぶ

服を選ぶ女性

スタイリスト学科がある専門学校は、学年別で勉強する内容が異なります。スタイリストになるのに必要な「カラーコーディネート」という資格が必要になってきます。また、「ファッションビジネス関係」という資格も同様に必要となります。

もっと読む

昼間でも通える

勉強

服飾系の専門学校に通うことで、スタイリストという職業のノウハウを一から勉強することができます。専門学校の中には、土日や夜間帯でも通えるところもあります。現在は国内出身のスタイリストが海外でも活躍するようになりました。

もっと読む